エステで夏を乗りきる美肌脱毛美人

女にとっての夏対策The measure against summer for a woman

医療用レーザー脱毛

医療用レーザー脱毛とは、美容外科や美容皮膚科などのクリニックで行えるのが医療用レーザー脱毛で、出力の出る機械をつかった脱毛です。クリニックとエステでの脱毛は違う施術なのです。

クリニックでは、まずは医者の診断を受けて、肌の状態などのカウンセリングなどを行います。場合によっては、カルテを作成するための簡単な質問があったりします。その後診察室から移動して女性スタッフの方に施術してもらいます。はじめての場合では、1度テスト照射をして、先生に診てもらいます。
問題がなかったら、その後も女性スタッフの方が施術を行います。
痛みはエステでの光脱毛やフラッシュ脱毛より少々ありますが、それほどでもありません。

美容外科や美容皮膚科、クリニックはプライバシーも守られており、しっかりとした個室で施術できるのでとても安心して施術を任せることができるのが大きなメリットです。受付の対応も看護婦さんのような対応で安心できると思います。
(両脇:単価1回の施術に付15000円〜が一般的となってます。 )

医療用レーザー脱毛のしくみ

まずレーザーを照射する肌の部分にに透明のジェルを塗り、肌表面にレーザーを照射します。レーザーは成長期の毛の毛根にあるメラニン色素に反応します。

医療機関で行えるレーザー脱毛は医師の元で使える医療用の脱毛機を使用します。しかし、エステで行うフラッシュ脱毛やIPL脱毛と脱毛の仕組みは、そんなに変わりません。
違う点は、レーザー脱毛は出力が強いものの脱毛範囲がワンショットで狭いためエステで施術を行うより多少施術時間がかかります。

またビリビリとした電気のような感覚がほんの少し残るのも特徴です。レーザー脱毛後は脱毛箇所にほてりを感じることもあります。
また痛みが強いので、2回目からは軽い麻酔効果のあるシールのようなやつを処方してくれます。

医療用レーザー脱毛のメリット

医療用レーザー脱毛は、エステ脱毛と威力的な違いは多少あるのかも知れませんが脱毛効果ではどちらがいいと一概には言えません。
実際に美容外科でレーザー脱毛を受けた経験もありエステでの脱毛経験もある人でさえも、どちらの方が効果があったか?はわからないようです。
ただ、何が違うかといえば、なんといっても安心感があり丁寧な接客です。

クリニックや美容外科で脱毛する?もしくはエステで脱毛する?

の大きな境目になるところだと思います。美容外科やクリニックはまず営業行為や勧誘行為が一切ありません。
また、1回1回支払いをする場合が多く、次にいつ通わなければならないというのもないので時間的な制限がありません。また予約が取れないということもあまりないでしょう。
クリニックや美容外科のシステムにもよるのですが、回数は自由に決められます。
コース設定等の強引な勧誘をしてくることはほとんどないでしょう。
しかし、その点は単価は高いのですが、精神的に安心して通うことがでるでしょう。

脱毛に役立つ毛のしくみ
初めてのエステ
ニードル脱毛
ワックス脱毛
光脱毛・ラッシュ脱毛・IPL脱毛
医療用レーザー脱毛
美肌の為の肌づくり
美容メディカルエステ
美容用語集
HOME
より美肌に近づくために
より美肌に近づくために、美肌スキンケアゴールデンタイムとスキンケアとあわせて実行することで、日頃のスキンケアにより一層の効果が美肌に近づく期待ができます。さらに美肌効果を高めるには、浸透力の高いスキンケア化粧品をあわせて使うとよいでしょう。 寝ている間に、浸透力のあるスキンケア化粧品を選び使用することで、美肌効果のより高いスキンケアとなるでしょう。
女にとっての夏対策バナー
「女にとっての夏対策」はリンク・アンリンクフリーです。相互リンク様も募集中です。バナーは↑をご利用下さい
(c)女にとっての夏対策AllrightReserved.