エステで夏を乗りきる美肌脱毛美人

女にとっての夏対策The measure against summer for a woman

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴の中に針を挿入して、その針から電流を流し、毛母細胞を腐食させる脱毛方法です。針は毛の流れに沿って挿入するので、5ミリ〜1センチ程度、毛を伸ばした状態で施術をするのが特徴です。

ニードル脱毛は12年ほど前までかなり一般的で、永久脱毛といえばニードル脱毛しかなかったのです。しかしニードル脱毛はかなりの痛みを伴い、また永久脱毛の単価事体がかなり高かったためそれほど一般的ではありませんでした。

また、あまりの痛みにがまんできず通えない人や、下手なエステティシャンの施術のせいで内出血を起こしたり、肌が炎症を起こしてしまい、カサブタなどができてしまうなどのトラブルも未だに多いのが現状なのです。

大手エステでは体験エステと称して1000円程度のチケットを有名ファッション誌で配布しておりますが、営業がすごくクチコミ評判はよくありません。

また単価も高くて、施術時間や毛髪量に応じて金額も左右され、そのため毛の量が多い人は他の人より金額が高額になってしまいます。
施術時間もエステティシャンの脱毛の技術力が左右されるため、最初に契約した金額以外に追加でお金を払うこともあります。
( 両脇:単価数回約20万〜40万(毛髪量と施術時間により金額が上下します))

ニードル脱毛の仕組み

ニードルとは針のことを言います。ニードル脱毛を受ける場合はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などとは違って、毛を少し生やした状態で行います。毛が生えている状態がみえないと、毛穴に針をさせないからです。まずは針を毛穴に刺して、電気を流します。
そして10秒から20秒の間、状態をキープし、毛根を電気で焼き、ダメージを与えます。
次に針を抜き、また別の毛穴に針を刺し、電気を流す。といった、繰り返しを脱毛する毛穴すべてに行います。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛はとにかく施術に時間がかかってしまい、そのためエステでは時間でチケットを消費したり契約をします。
毛髪量が少ない人はいいのですが、毛髪量が普通にある人には、かなり施術に時間がかかります。さらに料金もかなり高額になります。
そのため、あまりメリットはないです…。

ニードル脱毛は永久脱毛(もう2度と生えてこない)というので選んでいる人もいらっしゃいますが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛も時間がたっても生えてきません。
女性ホルモンの影響で生えることがありますが、数本程度です。
もし数十本生えてくるのであれば、完璧に終わっていなかった脱毛だったのでしょう。

とにかくニードル脱毛は結構痛みがあります。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、IPL脱毛などに比べると、一番痛いといえます。
ほかに、なにかメリットがなければニードル脱毛はお勧めしません。

脱毛に役立つ毛のしくみ
初めてのエステ
ニードル脱毛
ワックス脱毛
光脱毛・ラッシュ脱毛・IPL脱毛
医療用レーザー脱毛
美肌の為の肌づくり
美容メディカルエステ
美容用語集
HOME
美肌スキンケア
ゴールデンタイム
美肌のゴールデンタイムでは、眠っている間は内臓の働きがゆるやかになり、その分、皮膚の毛細血管に酸素がたくさん送り込まれており、つまり肌の細胞の隅々へ酸素や栄養が運ばれる時間なのです。 これが美肌スキンケアのゴールデンタイムなのです。肌にとっていらない老廃物を栄養分や酸素に変えてくれるこの美肌スキンケアゴールデンタイムをうまく活用しないと損ですよね。この美肌スキンケアゴールデンタイムに起きている方、仕事をされている方もいらっしゃると思いますが、出来るだけ肌のために休息をとることが美肌に近づく一歩なのです。
女にとっての夏対策バナー
「女にとっての夏対策」はリンク・アンリンクフリーです。相互リンク様も募集中です。バナーは↑をご利用下さい
(c)女にとっての夏対策AllrightReserved.