エステで夏を乗りきる美肌脱毛美人

女にとっての夏対策The measure against summer for a woman

ワックス脱毛

ワックス脱毛のしくみ

ワックス脱毛とは、ワックスと呼ばれる、とろみのある液体を肌に塗って時間を置いて剥がして毛を抜く方法です。
痛みは個人差がありますし、ワックスの液体にもよりますので、お肌の弱い人には向いていません。
市販でも購入可能なのですが間違った使い方をすると肌をいためてしまいます。
個人が経営するエステなどで、フェイシャルエステを受けながらついでにワックス脱毛をする人も多く、ワックス脱毛事体は単価もかなり安いので、脱毛専用としてのエステではなくて、フェイシャルやボディエステなどを行っているエステが行っている施術のひとつでもあります。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛は毛抜きで一本一本毛を抜くより、毛に負担がかからないと言われております。
毛抜きで抜く場合に、途中で切れてしまったり、毛根から抜けないということがありますが、その点ワックスの場合、途中で切れるということもなく、毛根から抜けるというのがメリットです。
ワックス脱毛は、脱毛箇所に専用のヘラなどで伸ばし塗っていきます。
ワックスは肌に合う、合わないなどもありますので、はじめてワックスで脱毛する人は、まず小さい範囲でテスト脱毛をしましょう。いきなりひざ下などの広範囲に使用して、肌をいためてしまわないように!

そしてしばらく時間を置いて、通常付属されているシートをその上から貼って、一気に毛の流れと逆方向にはがします。ワックス脱毛はすでに生えている毛と、成長期の毛と退行期の毛を脱毛するのに効果的なのです。しかし、脱毛の仕組みでも書きましたが、成長期の毛と退行期の毛は全体の20〜30%の毛なのですぐにほかの毛穴から、どんどん毛が生えてきます。そのため脱毛効果は長続きしません。
ワックス脱毛はひじ下、ひざ下などの比較的皮膚が動きにくくて、ワックスを塗りやすい場所であればいいのですが、わきの下などは自分でやるには少し難しいようです。
また、自分でやるにはコツもあるため、最初からうまく脱毛できないこともあります。慣れてしまえば、はがすときの痛みもそれほどではないのですが、なれないうちは一気に剥がすというのが、うまくいかないと痛いです。

エステでやる場合では、エステティシャンがお肌の状態をみてくれ、ワックス脱毛の施術に慣れているので安心ですね。

※ワックスは表面に5ミリ程度の毛の長さが必要で、ワックスで脱毛したあとも2〜4週間で、また毛が生えてくるので持続性が全くありません。すべすべ状態の維持のためには、月1度位は施術を受けないといけません。

海外、とくにブラジルなどでは脱毛と言うとワックス脱毛が、とてもポピュラーで、普段は自己処理せず、足など露出するときにエステで脱毛をします。
また、アメリカでもワックス脱毛をエステで行っており、ビキニラインなどの脱毛をエステでワックス脱毛してる人もたくさんいます。
ちなみにLAではセレブに人気のワックス脱毛専用エステがあるようです。

脱毛に役立つ毛のしくみ
初めてのエステ
ニードル脱毛
ワックス脱毛
光脱毛・ラッシュ脱毛・IPL脱毛
医療用レーザー脱毛
美肌の為の肌づくり
美容メディカルエステ
美容用語集
HOME
スキンケアの基本
スキンケアは化粧と違って、肌を健やかに保つための肌への気配りのことです。 スキンケアとはどのようなことなのでしょうか?高価なブランドの化粧品をつかうことか?それともエステに行って、プロに施してもらうもの?と思われた方はいませんか? 本当のスキンケアの意味を知らないで、間違ったスキンケアをしてると、肌のためのスキンケアが皮膚を傷つけてしまうことも…。実際、基本となる考え方を理解して、スキンケアをしてる方って少ないと思います。スキンケアの基本的な考えをきちんと理解し、自分に合う正しいスキンケアを心がけましょう。
女にとっての夏対策バナー
「女にとっての夏対策」はリンク・アンリンクフリーです。相互リンク様も募集中です。バナーは↑をご利用下さい
(c)女にとっての夏対策AllrightReserved.